イタチによる被害|イタチの捕獲・駆除業者

住居に侵入する小動物

罠にかかった鼬

愛くるしい可愛さを持った小動物は沢山いますが、その見た目とは違い非常に凶暴な性格をしている動物もいます。日本にも昔から生息しているイタチも、外見は小さい顔に長い尻尾をしていて可愛らしさを感じます。しかし、その性格は凶暴で人間を攻撃することもあるため、発見してもむやみに近づかない方が良いでしょう。しかし、最近は野生のイタチが人間の住居に侵入して住処にするケースが増えてきています。
人間の住居は雨や風邪を凌ぐには最適な場所ですし、一年中快適に過ごせる温度に調節されているため野生の小動物が住処にするケースが急増しているのでしょう。さらに、外敵に襲われる心配もありません。ですから野生の動物は安心して休むことができる場所になっています。

もし、自宅をイタチが住処にしている場合は、捕獲しなくてはいけません。とても柔軟な体をしているために小さな隙間があると簡単に侵入することができて、食料品を食べてしまいます。さらには、家中のいたるところに糞や尿をするために悪臭が漂いますし、衛生的にも良くない環境になり感染病の危険もあります。人間にとって悪影響しかないために、自宅に浸入された場合は捕獲しなくてはいけません。ですが、とても素早く、警戒心が強いために人間をみるとすぐにイタチは逃げてしまいます。そのため、素人が簡単に捕獲できる相手ではありません。素手で捕獲しようとすると鋭い爪や牙で噛まれてしまうかもしれないので、専門のスキルとノウハウを持った業者に依頼しましょう。

業者の探し方

男性作業員

日本には昔から生息しているニホンイタチと、外来種のチョウセンイタチがいます。住宅に侵入して被害を出すために、近年は捕獲・駆除を行なっている業者も増えてきています。大手の業者は24時間365日受付できるため被害に遭っている場合はすぐに連絡しましょう。

もっと知ろう

夜行性雑食の習性

女性作業員

夜行性のイタチは、人間が寝静まった時間帯に活動をします。台所の食料品を食べてたり、飼っているペットを食べたりするでしょう。さらに、捕獲・駆除業者に連絡しないと被害は拡大するでしょう。

もっと知ろう

外来種による被害

住宅

日本では外来種であるチョウセンイタチの被害に遭っています。そのために、捕獲や駆除を行なっている大手の業者は日本全国で活躍しています。業界内では格安の料金設定となっているために多くの人が利用しています。

もっと知ろう