イタチによる被害|イタチの捕獲・駆除業者

夜行性雑食の習性

女性作業員

基本的にイタチは夜行性で、人間が寝静まった時間帯に行動を始めます。ですから、深夜に屋根や天井から小動物の足音が聞こえる場合は、既に浸入されて住処になっている可能性があります。捕獲しないでそのままにしておくと、台所に保管してある食料品を食べ散らかすでしょう。さらに決まった場所でトイレをしない習性のために、天井裏や屋根裏が糞や尿だらけになるでしょう。雨も降っていないのに、天井に見たこともないシミが出来ている場合はイタチの糞や尿の可能性が高いでしょう。それだけでなく、糞や尿は断熱材をダメにしてしまうので、住宅の劣化にも繋がるでしょう。住宅の耐久性も低下する可能性があるので、きちんと捕獲しなくてはいけません。

また、雑食のイタチはウサギやニワトリなどの動物も食料にする雑食なため、飼っているペットにも被害が出るかもしれません。ハムスターや小鳥などの小動物をペットにしている家庭は、真っ先に狙われる危険があります。また、猫や犬も食べられることはないかもしれませんが、獰猛な性格なので怪我をする可能性があります。深夜にイタチと出くわすと人間も襲うこともあるために、ペットが無傷では済まないでしょう。ですから、家族やペットの安全を考えても捕獲することをおすすめします。イタチの捕獲には専門業者のノウハウが必要です。罠や忌避剤など使い、追い詰めていって駆除を行ないます。最後に屋根裏や天井裏の殺菌・消毒をして、侵入経路を塞ぐまで行なってくれるでしょう。